読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い切って仕事を辞めた

日記

仕事が嫌になったという訳じゃない。そりゃあ、多少の不満はちょろちょろあったけれど、辞めた一番の理由はそれらじゃない。

 

辞めた理由ランキング

3位:仕事が楽しくない。

嫌で嫌でしょうがないと言うほどではないけど、楽しくもなく、ぽつぽつ不満があったりなかったりという、実に中途半端な状態だった。生活費はなんとか稼げるけど「この仕事で一生やっていく気はない」という気持ちがあったので、やる気が上がらず、「自分、一体なにやってんだろ・・・」と。

仕事内容や人間関係のせいではなくて、自分の気持ちの問題。

2位:常に急かされるのが嫌。

私が働いていた場所は人手不足で、常に時間に追われていた。仕事の教え方も超スピードでメモも取らせてもらえない。早口で聞き取れない。聞き返せば怒られるし、再度教えられた時も早口。なかなか仕事を覚えられない状態でちょっとでも手が止まれば怒られたり、急かされたり、責められたりして焦る。

 

とまぁ、そんなに急かされたら覚えられるものも覚えられないって話ですわ。

1位:通勤時間が長い

電車と徒歩で通ってました。電車で揺られている時間も長いけど、徒歩はもっと長かった。本とポッドキャストがあったから、通勤時間自体は楽しいものだった。

でも、朝早く出て夜遅くに帰ってきて、やりたいこととか、やらなきゃいけないことをやる時間がどうしてもとれない。渋々やってる仕事(給料も低い)で時間を沢山とられて、たまの休みにその仕事で稼いだお金で生活に必要なものを買う。

生きてはいけるけど、かなり味気ないというか今の仕事を続けること=無駄なことのような気がしてしまった。楽しくないのに、急かされるのに、自由な時間もとれないのに続ける意味あんの?と自問自答して、「ないな」というアンサーが出てしまった。

 

まとめ

散々考えて辞めたはいいが、これからの対策があまりない。

とりあえず短時間のバイトを始めたが、これだけでは足りない。

ホントどうしようと不安になる時もあるが、正直言って今の方が楽しい。

人間関係のせいで辞めた訳ではないが、やはり仕事の教えられ方には不満があったのだなと書いていて思った。同じ急かされるでも他人にやられるのと自分でするのは大いに違う。

 

今後の方針としてはバイトをしつつ、クラウドソーシングをやる。足りなければ短時間のバイトを増やすなど、色々試していこうと思う。今までこういうギリギリの生活をしつつ、自分のやりたいことを試していくようなことをやってこなかったから、すんごい不安だけどやってみる。